この年末に!退職して初めてくる確定申告の準備、方法を知ろう



WordPressみなさま、お疲れ様です。毎年のことですが、年末が近づいてくると、会社、CM等で耳にする早めの確定申告。
会社に勤めている時は、紙を渡されて、毎年書き方どうだったけ?あとで総務に聞けばいいか。
でなんとかなっていましたが、退職したらあなたの総務はいません。自分でやらなければいけません。

誰だって初めて確定申告を行う時はよくわからずに戸惑ってしまいます。
が、やってみると意外と簡単。

所得税の確定申告といのは「この日からこの日まで」というように申告できる期間が決まっています。具体的には申告の対象となる年の翌年2月16日から3月15日までというのが原則。
(ただし、税金が戻ってくる場合の申告であれば、1月5日からできます)

じゃーまだ全然早いじゃん。そう思うかもしれませんが、早め準備しておいて困ることは何もありません。少しぐうたらする時間を削って事前準備しておきましょう!

それでは、退職して初めての確定申告の流れを説明します。



確定申告を初めて行う無職の場合

まず確定申告とはどういったものか?

・1年間の収入と税額をもう一度ちゃんと計算して、足りない税金があれば納めなおす。
・税金を払い過ぎている場合は、払い過ぎている分のお金を返してもらう。という仕組みです。

勤めていたことがある人は、確定申告の時期に給料がちょっと多く払われた経験ありませんか?実は会社で毎月払っている税金は、給料からちょっと多めに取られていることがあるので、年末に調整されることで返ってくるお金があるんです。

確定申告をする場合は基本的に2月16日~3月15日の間で住んでいる地域の税務署に行って確定申告を行うのが基本です。(ただし、税金が戻ってくる場合の申告であれば、1月からできます)

最近は【e-tax】というインターネット上から確定申告を行う仕組みもあります。
ですが、初めて確定申告を行う場合は一度税務署に行って手続したほうがいいですね。
最初は税務署に行ってやったほうが間違ったところも指摘してくれますし、簡単なことならその場で質問もできます。
一度覚えてしまえば、あとは同じことの繰り返しなので【e-tax】でいいと思います。

確定申告は退職して無職の時でもやるべき?

答えは退職したタイミングと退職後の収入によります。

例:3月末日付で会社を退職して4月から今まで無職だった場合は、1~3月の税金があるので、確定申告をしたら税金が戻ってくるケースが多いです。

昨年の12月末日付で退職して、今年1月~12月までずっと無職で収入もほとんどない(38万以下)の場合、確定申告をする必要はありません。
※収入が38万円を超えた場合:無職ではなくフリーランスのような扱いになるので、確定申告をする必要があります。

私は確定申告をする必要はない!って方にも、1つ注意点があります。

※住民税の申告です。

税務署と役所では扱いが違います。
確定申告をしないことで、役所側で【収入がない人!】という風に都合よくみてくれません。
【収入に関してよくわからない人】扱いになります。
収入の有無がわからないので、翌年の住民税や国民健康保険の金額が決定できなくなります。

収入が少ない場合、応じて国民健康保険料なども安くなりますので、伝えておいた方が絶対にお得です。
収入がなく確定申告をする必要がなくても、住民税の申請はしましょう。
だいたい4月頃までには地域ごとの課税担当の所に問い合わせて手続きをしましょう。

※※確定申告をする場合:確定申告と住民税などの税金類は連動するので、確定申告1つやっておけばOKです。


確定申告のやり方『無職・無収入時』

では、無職になって確定申告をする時のやり方についてお伝えします。
ここでは仮に、6月末に退職して、12月まで無職だったという状況を設定しておきます。

まず準備するものは、【確定申告書】と退職時にもらう【給与所得の源泉徴収票】です。

・確定申告書:税務署か国税庁のホームページからプリントすることが出来ます。

・給与所得の源泉徴収票:通常であれば、退職した翌月の給料日前後に職場から送られてきているはずです。もし前の職場から送られてきていない場合は、必ず連絡してもらってください。(話すのが嫌であれば、書面やメールでも構いません。)

【確定申告書】はという2つの種類があります。今回はBを使います。
■Aは、主に会社員、パート、アルバイトで給与所得を貰っている人が使用します。
■Bは、Aの人も含め、さらにフリーランスの人など誰でも利用することが出来ます。

Bのほうが項目が多いですが、自分に関係ない欄は空白のまま出して大丈夫なので、Bをつかうようにしましょう。

・書くべき項目《氏名や住所の基本情報は省きます。》
()に記載してある文字や数字は実際の確定申告書に書いてある数字と対応していると思います。

1. 【 収入金額等 】という欄にある給与という項目(カ)に、源泉徴収の「支払金額」を書きます。
今回は仮に120万円としておきましょう。

2. 【 所得金額 】という欄にある給与という項目(6)に給与所得控除を引いた金額を書きます。
給与所得控除とは給料に対して決められている控除額のことで、いくらの給料の時はこれだけ給与所得控除を引くと決められています。
※計算式も国税庁のHPにあります。
今回は仮に120万円としていますので、120万円×40%で48万円が給与所得控除で、給与欄には120万-48万の72万円を記載します。

そのまま、合計欄(9)に72万円と書きます。

3. 【 所得から差し引かれる金額 】という欄です。
ここは状況によって記載する項目に差がありますが、ほとんどの方に関係あるのは社会保険料控除(12)という欄です。
ここには「健康保険」や「国民年金」の支払額の合計を記載します。
支払った金額の合計を書きましょう。
ここでは仮に15万円としておきます。

4.その他、生命保険に入っている場合は生命保険料控除(14)を、
配偶者がいて、配偶者が一定の収入以下である場合は配偶者控除(21)を書きます。

ここではいずれも0万円としておきます。

5.最後に基礎控除(24)に38万と書きます。
※基礎控除には、38万円と33万円があり、違いは以下のとおりです。

・38万円…『所得税』の計算に用いる基礎控除額
・33万円…『住民税』の計算に用いる基礎控除額

これらの合計額を合計欄(25)に記載します。今回は保険料と基礎控除で53万です。

6.次に『税金の計算』欄です。
課税される所得金額欄に、所得金額の合計(9)から所得から差し引かれる金額の合計(25)を引きます。今回は73万-53万=19万円です。

7.(26)に対する税額(27)を計算します。
これも一定の税額が決めらており、1,000円~1,949,000円は5%をかけます。
19万円×5%で9,500円です。

8.差引所得税額(39)です。
ここの欄の下に計算式がのっていますが、基本的には引く項目がないので、27をそのまま書きます。
9,500円です。

9.源泉徴収税額(42)を書きます。
会社から送られてきた【源泉徴収票】にある数字を記入します。
ここでは10万円とします。

10.申告納税額です。
差引所得税額(39)から源泉徴収税額(42)を引きます。
9,500円-100,000円で、マイナス90,500円です。
マイナスは43と書いてある横に△を書いて表します。
△90,500円です。

11.還付される税金(46)には90,500円と書きます。
これが戻ってくるお金です。

以上、会社を辞めて無職になった時の確定申告の基本的な書き方です。

他にも様々な収入や控除がある場合、もう少し複雑になります。
あなたの給与や状況によって当然金額は変わるので、自身で計算するようにしてくださいね。

今回は退職後、無職時の確定申告を説明させていただきました。

面倒くさい!と思うかもしれませんが、働かずにお金が戻ってくることもあるので、
是非利用するようにしてくださいね。




WordPress

税務署も3月に入るとかなり混みあっていますので、早めに記入を済ませて持っていけば比較的相談しやすいです。

初めてやることはいつもやっていることでも戸惑うことがあります。
みんな一緒です。ビビらず焦らずいきましょう!

このブログを通じて、皆様(私も含めさせてください。)のこの先の人生にとってほんの少しでも豊かに働けば幸いです。



WordPress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みなさま、はじめまして。 これからの世の中は縮小傾向にあることは目に見えております。 でしたら、悲観せずにその中で充実したミニマムライフを送っていければと考えます。決して逃げではありません。現状から卒業して、共に生活を充実させましょう。 副収入、ブログの作成方法、たまには趣味等、いろいろ試したこと、学んだことを共有できたらと考えます。 一緒に充実したミニマムライフを見つけましょう。