この素晴らしいブログに目次を!




WordPressで目次を作りましょう! Easy Table of Contents で簡単、見やすいブログ
みなさん、こんにちは!
最近のブログでは仕様ですかというくらいよく見る【目次】↓

インストール・設定方法

私のにもほしいけど、どうせパソコンが詳しい人じゃないと作れないでしょ。って諦めないでください!
今回は、そんな目次の作り方をご紹介!
WordPressプラグイン【 Easy Table of Contents 】は使い方が簡単!
1回設定するだけで目次が自動作成されるようになります。
ですのであなたのブログにも、このプラグインを入れてみましょう。


Easy Table of Contents インストール方法

初めにプラグインをインストールします。
WordPressにログインして、画面左にある「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックしよう。

右上プラグにある、プラグイン検索に【 Easy Table of Contents 】を入力またはコピペ。

【 Easy Table of Contents 】の「今すぐインストール」をクリックしてください。

「有効化」ボタンをクリックして「有効」にします。

Easy Table of Contents 設定方法

インストールが完了したら設定をおこなっていきます。
経路は2パターンありまして、画面左にある「設定」⇒「目次」をクリック。
または画面左にある「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」をクリック、【Easy Table of Contents】を探し「設定」をクリック。
この「設定」の中では、「一般」・「外観」・「高度」の3パートに分かれて設定することが出来ます。

「一般」の設定

「設定・一般」でまず設定したいところは2箇所。
「表示条件」と「見出しラベル」です。


「表示条件」ではいくつの見出しが文章の中に含まれているかで、目次を表示するかを決められます。
私は「3つ以上」の見出しで目次表示されるようにしています。

続いて「見出しラベル」
目次の一番上に表示されるタイトルです。

私はごく一般的な【目次】としていますが、【INDEX】といったタイトルにすることも出来るのでお好みで。

「外観」の設定

「設定・外観」で目次の外観を設定できます。

目次枠のサイズであったり、タイトルや目次項目の文字サイズ、色まで変更できます。
ハマると結構あっという間に時間が過ぎていきます。

「高度」の設定

「設定・高度」では設定しておきたいところは「見出し」と「除外する見出し」

「見出し」でチェックを外した分は、目次に表示されなくなります。

「除外する見出し」では、文字で指定することで、目次に表示したくない見出しを設定できます。

すべての設定が完了したら、「保存」をクリックしてください。

記事を書く際に個別設定

【 Easy Table of Contents 】では、各ページで目次と見出しに関する設定を個別に行うことができます。
上記でおこなった全体設定に当てはまらないや、特別ここのページだけの仕様に設定したい際に変更することができます。

以上、次回は「見出し」の作り方を書きたいと思います。

このブログを通じて、皆様(私も含めさせてください。)のこの先の人生にとってほんの少しでも豊かに働けば幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みなさま、はじめまして。 これからの世の中は縮小傾向にあることは目に見えております。 でしたら、悲観せずにその中で充実したミニマムライフを送っていければと考えます。決して逃げではありません。現状から卒業して、共に生活を充実させましょう。 副収入、ブログの作成方法、たまには趣味等、いろいろ試したこと、学んだことを共有できたらと考えます。 一緒に充実したミニマムライフを見つけましょう。